VueとRegister Service Workerを使いアプリの更新を制御する

PWAは便利ですがその一方で正直分かりにくいというデメリットもあります。 Vueや、私の利用しているQuasarなどはPWAモードが予め用意されているので、プロジェクト作成時にPWAの指定をするだけで難しい処理もなく、簡単にPWAとしてアプリをビルドすることができます。 非常にありがたい一方で細かい制御のやり方が本当に分かりにくい。そしてデバッグもしにくいという罠もあります。 今回はPWAでアプリの更新が来たときに、ユーザに通知を促してアプリの更新を行ってもらう処理を埋め込むまでの紆余曲折についてまとめました。 主にQuasarを基準としていますが、純粋なVueでもほぼ同様のことが言えると思います。

Register Service Worker

PWAとしてQuasarをビルドすると、プロジェクト直下にsrc-pwaというディレクトリが作成され、その中に「register-service-worker.js(ts)」というファイルが自動で作成されます。 中身はこんな感じでシンプルです。


import { register } from 'register-service-worker'

// The ready(), registered(), cached(), updatefound() and updated()
// events passes a ServiceWorkerRegistration instance in their arguments.
// ServiceWorkerRegistration: https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/ServiceWorkerRegistration

register(process.env.SERVICE_WORKER_FILE, {
  // The registrationOptions object will be passed as the second argument
  // to ServiceWorkerContainer.register()
  // https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/ServiceWorkerContainer/register#Parameter

  // registrationOptions: { scope: './' },

  ready (/* registration */) {
    // console.log('Service worker is active.')
  },

  registered (/* registration */) {
    // console.log('Service worker has been registered.')
  },

  cached (/* registration */) ;{
    // console.log('Content has been cached for offline use.')
  },

  updatefound (/* registration */) {
    // console.log('New content is downloading.')
  },

  updated (/* registration */) {
    // console.log('New content is available; please refresh.')
  },

  offline () {
    // console.log('No internet connection found. App is running in offline mode.')
  },

  error (/* err */) {
    // console.error('Error during service worker registration:', err)
  }
})

Service Workerのそれぞれのイベントに応じて、行いたい処理を記述してあげるという感じでしょうか。 今回はアプリの更新が完了したら、ユーザにその旨を通知し、アプリを更新してもらいたいわけです。よって updatedの部分に何かしらの処理を書けば良いわけです。

Quasar公式サイトの真似をしてみる

実はQuasarの公式Webサイトも更新通知機能が実装されており、最初はこれを真似すればよいのでは?と安易に考えていました。 Quasarの公式サイト自体がGithubに公開されているため、まずはGithubの中身を確認してみます。そのファイルはここから見れます リンク先と同じコードをここにも書いておきます。ファイル名は register-service-worker.js です。(.tsではありませんでした)


import { register } from 'register-service-worker'
import { Notify } from 'quasar'
import { mdiCached } from '@quasar/extras/mdi-v6'

register(process.env.SERVICE_WORKER_FILE, {
  updated () {
    Notify.create({
      color: 'negative',
      icon: mdiCached,
      message: 'Updated content is available. Please refresh the page.',
      timeout: 0,
      multiLine: true,
      position: 'top',
      actions: [
        {
          label: 'Refresh',
          color: 'yellow',
          handler: () => {
            window.location.reload()
          }
        },
        {
          label: 'Dismiss',
          color: 'white',
          handler: () => {}
        }
      ]
    })
  }
})

これとは別に、quasar.conf.jsのファイルも一部書き換えが必要です。更新が発生したときに処理を待たずに更新するような設定にします。

キャラクター

quasar.conf.jsはQuasar独自の設定ファイルです。他のフレームワークだと別のファイルになると思います

// quasar.conf.jsです
    // コードが長いため上の部分は省略します
    // https://v2.quasar.dev/quasar-cli-webpack/developing-pwa/configuring-pwa
    pwa: {
      workboxPluginMode: 'GenerateSW', // 'GenerateSW' or 'InjectManifest'
      // ▼この項目を追加
      workboxOptions: {
        cleanupOutdatedCaches: true,
        skipWaiting: true,
        clientsClaim: true
      },
      // ▲この項目を追加

      // for the custom service worker ONLY (/src-pwa/custom-service-worker.[js|ts])
      // if using workbox in InjectManifest mode
      // chainWebpackCustomSW (/* chain */) {},

      manifest: {
        // マニフェスト内は省略します。
      }
    },
    // コードが長いので下の部分は省略します

これで準備は完了。何度かのテストを行い、問題なくメッセージが表示され更新もうまくいきました。

キャラクター

PWAの効率良いデバッグ方法が知りたい・・・・なんでこんなにデバッグしにくいのかしら

iPadやAndroidで更新時にアプリがフリーズするトラブルが発覚

PCのブラウザであれば問題なく更新ができていたPWAですが、AndroidやiPadでPWAの更新がうまくできないことがわかりました。 こちらの手順でPWAをタブレットにインストールし、更新をテストしたところ、更新のメッセージが表示され、「後で更新」を選ぶとvue Routerが機能しなくなり、ページ遷移ができなくなります。 余談ですがiPhoneでは正常に更新ができます。(それにより発見が遅れたため悪いケースです)

色々調べてみたところ、Service Worker内ではwindowにアクセスできないようです。ただregister-service-workerを使うと色々アクセス出来るようですし、実際にPCやiPhoneでは正常に更新ができていたため、iPadOSなど特定のOSで対応していないのかもしれません。 正直原因はよくわかりませんが、問題を解決するほうが重要です。

Service worker上ではなくVue上で更新処理を行うように修正

service workerについて調べると、とにかくよく出てくるコード。

if (navigator.serviceWorker) {
  navigator.serviceWorker.register('/service_worker.js').then(registration => {
    // 謎の処理
  })
}

どうやらserviceWorkerを使うにはこのような処理を書く必要があるのだと思います。しかしregister-service-workerがこの辺を良しなに自動でやってくれているはずです。 だからこそPC版では正常に更新ができているのです。自分でこの処理を書いたら2回登録されることになってしまうのではないか?といろいろ調べて回った結果、ついに答えとなるWebサイトを発見しました。

正解を先に書くと、この記事の章タイトルの通りで、「Register Servie worker上ではなくVue上で更新処理を行う」ことで、iPadなどの機器でも正常に更新が行えるようになりました。 以下、修正の具体的な例です。参考にさせていただいたサイトはVuetifyですが、私はQuasarを使っているのでQuasar基準の解答です。

register-service-worker.jsで更新イベントを発行する

まずはregister-service-worker.js側の修正です


import { register } from 'register-service-worker'

// The ready(), registered(), cached(), updatefound() and updated()
// events passes a ServiceWorkerRegistration instance in their arguments.
// ServiceWorkerRegistration: https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/ServiceWorkerRegistration

register(process.env.SERVICE_WORKER_FILE, {
  // The registrationOptions object will be passed as the second argument
  // to ServiceWorkerContainer.register()
  // https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/ServiceWorkerContainer/register#Parameter

  // registrationOptions: { scope: './' },

  ready (/* registration */) {
    // console.log('Service worker is active.')
  },

  registered (/* registration */) {
    // console.log('Service worker has been registered.')
  },

  cached (/* registration */) {
    // console.log('Content has been cached for offline use.')
  },

  updatefound (/* registration */) {
    // console.log('New content is downloading.')
  },
  updated(registration) {
    // ▼ここを修正しています!イベント名は参考にさせていただいたサイト様に敬意を評し、同じイベント名を使わせていただきました
    document.dispatchEvent(
      new CustomEvent('swUpdated', { detail: registration })
    )
  },
  offline () {
    // console.log('No internet connection found. App is running in offline mode.')
  },

  error (/* err */) {
    // console.error('Error during service worker registration:', err)
  }
})

これでService workerがUpdateになったとき、swUpdatedというイベントが発行されます。このイベントをVue側で受け取り処理を引き継ぐ感じですね

App.vue側でswUpdateイベントを広い、更新通知を行う

Quasarのプロジェクトでは、プロジェクトフォルダ/srcの中にApp.vueというファイルがあります。 今回はこのApp.vue上でイベントを拾ってみます。

キャラクター

App.vueは最もルートのコンポーネントなので初期化や今回のようなイベントリッスンには最適です

App.vueは次のようになりました。短いので全文掲載します。


<template>
  <router-view />
</template>

<script lang="ts">
import { defineComponent, provide } from 'vue'
import { mystoreKey, printStoreKey } from 'components/provide/keys'
import MyStore from 'components/provide/MyStore'
import PrintStore from 'components/provide/PrintStore'
import { Notify } from 'quasar'

export default defineComponent({
  name: 'App',
  setup () {
    provide(mystoreKey, MyStore())
    provide(printStoreKey, PrintStore())
    // eslint-disable-next-line @typescript-eslint/no-unused-vars
    document.addEventListener('swUpdated', (e:Event) => { updateAvailable() }, { once: true })
    /**
     * SWイベント取得。画面更新ダイアログ
     */
    function updateAvailable () {
      console.log('☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆UPDATE☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆')
      Notify.create({
        color: 'primary',
        message: 'Nipo Plusの更新準備が整いました',
        timeout: 0,
        multiLine: true,
        position: 'bottom-right',
        actions: [
          { label: '更新', color: 'white', handler: () => { window.location.reload() } },
          { label: '後で', color: 'white' }
        ]
      })
    }
  }
})
</script>

provideとかは今回の話題とは関係ないのでスルーしてください。ポイントは以下のコードです。

document.addEventListener('swUpdated', (e:Event) => { updateAvailable() }, { once: true })

register-service-worker.jsで発行した「swUpdated」イベントを、App.vue側で受け取ります。引数としてカスタムイベントも受け取れますが、私の場合は特に使用しませんでした。 さてこのカスタムイベントを受け取ったら更新準備が完了したということなので、あとは簡単です。 更新通知を発行してあげて、ユーザに「今すぐ更新か?あとで更新か?」を選んでもらいます。 私はQuasarが大好きなので、上のコードもQuasar独自の命令が含まれています。そう、通知をトーストで表示する「Notify」です。 他のフレームワークをお使いの方は、この箇所をそれぞれの通知命令に書き換えてください。

nipoplusアプリ起動ボタン

一切の企業情報を入力せずに手軽に体験できます

  • メール・パスワードの設定なしで体験可能(匿名機能
  • クレジットカードの登録も不要
  • Webアプリだからインストール不要
nipoplusアプリ起動ボタン
ios App Store
Android Google Play Store
最終更新日: 2022/11/14