NipoとNipoPlusの違い

NipoからNipoPlusへ
NipoからNipoPlusへ

NipoPlusを開発した経緯

NipoPlusはNipoの後続Appです。Nipoがリリースされて4年が経過(初回リリースは2018年5月)しますが、その間に様々なご要望をいただきました。
また運用していく上で、拡張性の観点で様々な問題があることも発覚しました。
現在のシステムを新たなるステージへ移すことはあまりにも非現実的と判断し、後続AppとしてNipoPlusが開発されました。 ベースはNipoですが細部に至るまですべてフルスクラッチで開発しています。 もちろん旧Nipoも引き続きサポートしてまいります

キャラクター

Nipoの操作性を損なわず、かつ細部に渡り大幅な機能強化しました

NipoPlusで強化された機能について

細かい変更点まで含めると非常に長文となってしまうため、ここでは特に主要な変更点にフォーカスを当てて、ご紹介いたします。

「組織」という単位が導入されました

Nipoではグループが最も上位の単位で、利用者は必要のあるグループにそれぞれ所属するというスタイルでした。
しかしグループによる切り分けではスタッフがどこの組織に所属しているのか全容を把握することができませんでした。 また、料金もこのグループごとに発生したため、余分なコストが掛かる傾向に有りました。

旧Nipoの例。グループはそれぞれ独立しているためグループを束ねて統括管理する仕組みがそもそも存在しなかった
旧Nipoの例。グループはそれぞれ独立しているためグループを束ねて統括管理する仕組みがそもそも存在しなかった

この問題に対してNipoPlusではグループの上に組織という単位を追加しました。

graph LR; 組織 --> Aグループ 組織 --> Bグループ 組織 --> Cグループ

組織の中にグループを作り、スタッフを組織にアサイン(割当て)することで、グループとしての独立性を保ちつつも全体のスタッフを統括管理できるようになりました。 料金形態も組織に対して発生するため、Nipoのときは2つのグループにまたがって所属したスタッフの分も費用がかかりましたが、NipoPlusではこの無駄が有りません。

キャラクター

組織について詳しくは組織のページを御覧ください

日報テンプレートの自作がより柔軟になりました

Nipoでは1行につき最大2列までという制限がありました。 これに対してNipoPlusでは、1行につき最大で12列まで項目を追加できるようになりました。幅を自由に設定できるためより本物に近い日報テンプレートを作成できるようになりました。

幅を自由に調整できるようになったため、より柔軟なテンプレートが作成できます。
幅を自由に調整できるようになったため、より柔軟なテンプレートが作成できます。
キャラクター

例えば上図の例では、3列・4列・1列で作っているよ。スマホの場合は列がすべて1列になるのはNipoと同じだね

日報の承認リレーができるようになりました

Nipoでは提出先は常に1名という制約が有りました。他のスタッフにも共有する場合は共有先に追加することで対応をしていました。
多くのケースではこれでも十分ですが、NipoPlusでは日報の提出先を複数名指定できるようになりました。
複数名指定することで承認のバトンリレーが実現できるようになります。

日報の提出先を複数指定することで承認のリレーが行なえます
日報の提出先を複数指定することで承認のリレーが行なえます
キャラクター

もちろん承認先を1名にすることもできます。その場合はNipoと大差有りません。共有先の仕組みもNipoと同一です

写真や署名などもまとめてダウンロード可能になりました。CSV出力機能の大幅な強化

日報に添付する画像やイラストはNipoの場合、個別に手動でダウンロードする必要がありました。NipoPlusではCSV出力時に画像などのバイナリーデータも同時にダウンロードできるように改良されています。 また、Nipo時代には不可能だったファイルの添付も可能となりました。

アプリ内の通知機能が実装されました

Nipoにはメールによる通知サービスは有りましたが、アプリ内での通知は有りませんでした。
NipoPlusではメールによる通知が廃止されましたが、代わりにアプリ内で通知がサポートされました。

アプリ内でアクティビティを通知します
アプリ内でアクティビティを通知します
キャラクター

通知をクリックすると該当の日報にジャンプするのも便利なポイントです

無駄な通信を大幅に削減しました

旧Nipoではアプリ起動時に多くのデータを読み込んでいました。その際たるは受信日報、送信日報です。起動するたびに数十件の日報をロードするため無駄が多くありました。たとえ日報を書くだけでも、毎回過去の日報をロードしていました。 NipoPlusでは日報受信BOXを開いたタイミングでロードが開始されます。ロードされる日報も指定した期間の日報のみで、古い日報は読み込みを行いません。

必要な日報のみを賢く読み込むことで無駄な通信を削減できます。
必要な日報のみを賢く読み込むことで無駄な通信を削減できます。
キャラクター

起動時は一昨日〜今日までの日付が自動でセットされています。つまり3日分の日報しかDLしません。
Nipoでは日数ではなく決まった件数の日報を読み込むため無駄な通信が発生していました

アプリサイズ本体も大幅にサイズダウンしました。重いプログラムはサーバ側に移行することで大幅なサイズ圧縮ができました。
アプリサイズが小さくなることで、無駄な通信を極力抑えることができます。

アプリ名アプリサイズ
Nipo約7MB
NipoPlus約3MB

※PWAのためアプリ自体のダウンロードは初回と更新時のみです。毎回アプリのダウンロードが行われるわけでは有りません

キャラクター

なんと約半分のサイズにダイエット成功しました

ご利用料金が更にお安くなります。より明瞭な会計に

Nipoでは請求書・クレジットによって、また申込み期間によって1名あたりのご利用料金が200円〜500円と変動していました。
NipoPlusでは1ユーザ1ヶ月180円(10名〜)と明瞭で格安な料金になります。
Nipoで3名でご利用はほぼ同額、4名以上でご利用の場合は間違いなくNipoPlusのほうがお安くなります。

NipoPlusで廃止された機能

一部の機能はNipoPlusで廃止されました。

最終更新日: 2022/09/01
nipoplusアプリ起動ボタン

一切の企業情報を入力せずに手軽に体験できます

  • メール・パスワードの設定なしで体験可能(匿名機能
  • クレジットカードの登録も不要
  • Webアプリだからインストール不要
nipoplusアプリ起動ボタン
ios App Store
Android Google Play Store