チェックシートデータ集計

蓄積したチェックシートや日報データを集計し、一覧表で表示する機能があります。チェックシート等を集計するには以下の手順に沿って操作します

  1. 日報の集計をクリック
  2. 集計期間をカレンダーから選択(デフォルトで今月が選択されています)
  3. 集計したいテンプレートを選択
  4. 画面に集計結果が表示される
チェックシートのデータを集計するまでの手順
チェックシートのデータを集計するまでの手順

チェックシートのテンプレートのなかで、集計が可能な入力フォームのデータのみ自動で集計が行われます。 デフォルトではチェックシート状態は無視されますが、例えば「承認」されたチェックシートのみ集計するといったことも可能です。(画面右下に項目があります)
集計は大きく分けて3種類あります。累積と推移とCSVエクスポート後の集計です。このうちCSVエクスポートについては専用のページがありますのでそちらを参照してください。このページでは残る2つについて紹介します

チェックシートのデータを累積集計

累積は指定した期間に含まれるチェックシートのデータを、作成したスタッフ毎に累積して集計する機能です。各列にはスタッフ名が表示され、各行には入力項目が表示されます。 各行のうち、例えば選択肢入力フォームやレート入力フォームなどの個数をカウントするタイプの集計フォームはその数だけ行数が分かれて表示されます。

累積は各列にスタッフ、各行に入力項目を取った表です。スタッフごとのデータを比較する際に有益です
累積は各列にスタッフ、各行に入力項目を取った表です。スタッフごとのデータを比較する際に有益です

各スタッフの名前がボタンになっており、スタッフ名のボタンをクリックすると集計対象となったチェックシートデータをポップアップで表示できます。

キャラクター

集計ではチェックシートや日報の本文部分(テキスト入力フォームなど)は表示されません。中身を確認したいときはスタッフ名のボタンを押して確認してください

この集計表をCSV形式でダウンロードすることもできます。必要な場合は画面左上にある「このテーブルをダウンロード」ボタンをクリックしてください。 実際のサンプルデータもこのページ末尾においてあります。

キーによる絞り込みの集計

少し特殊な用途ですが、集計対象のデータから特定の条件にマッチしたデータのみを集計する機能があります。 例えば選択肢1の回答が「ばなな」を選んだデータだけを集計することができます。 絞り込みの対象に取れる入力フォームは現時点で選択肢入力フォーム限定です。

絞り込み集計は少し特殊な用途に限定される集計機能です。
絞り込み集計は少し特殊な用途に限定される集計機能です。
キャラクター

エクセルで例えるのであれば、subtotal関数のような挙動です

チェックシートのデータを推移で見る

もう1つの集計方法がデータ推移です。こちらは集計というよりこれまでのデータの流れを確認するための機能です。推移は1名のスタッフを対象にしてそのスタッフの書いた日報やチェックシートを 時系列に並べて相互に比較できます。

チェックシートのデータ推移を確認するための集計機能。同じ日のデータを纏める機能もあります
チェックシートのデータ推移を確認するための集計機能。同じ日のデータを纏める機能もあります

デフォルトでは1つの日報データに対して1列が使用されます。同じ日付のデータが複数件ある場合は、「同じ日のデータはグループ化する」のスイッチをONにすることで同日のデータを1列にまとめることができます。 1日に何通も日報を作成するような職種で日毎の集計がしたい場合に便利です。

参考資料

最終更新日: 2022/09/06
nipoplusアプリ起動ボタン

一切の企業情報を入力せずに手軽に体験できます

  • メール・パスワードの設定なしで体験可能(匿名機能
  • クレジットカードの登録も不要
  • Webアプリだからインストール不要
nipoplusアプリ起動ボタン
ios App Store
Android Google Play Store