レート入力フォーム★★☆☆☆

レート入力フォームを含んだ日報テンプレート
レート入力フォームを含んだ日報テンプレート

レート入力は多くの方が慣れ親しんでいる入力方式です。ネットショップの商品レビューやアプリストア上のレビューとしてもおなじみですね。 1クリックで入力ができるシンプルな操作性と、視覚的にも直感的でわかりやすいとても便利な入力フォームです。 一般的なアプリストアなどのレビューは5段階ですがNipoPlusでは設定を変更することでレートの数を変更できます。上限は決められていませんが多すぎると画面レンダリングに時間がかかる上に視認性が大幅に低下します。そのため多くても10程度に抑えるようにしてください。入力されたデータは数値として記録されるため、集計にも対応しています。 例えば100など極端に多い値は入力することはできません。
より大きな数値を入力したい場合はスライド入力フォームか、あるいは数値入力フォームの利用を検討してください。 (ただし集計方式が異なります)

キャラクター

星が100個も並んでいたら爽快だけど使いにくいよね。例えば星が10個並ぶだけで「★★★★★★★★☆☆」このようになるのです。100個はさすがに厳しいでしょう?

レート入力の設定

共通の設定項目については「各種入力フォームの共通設定項目」を参照してください。 以下は本入力フォームにのみ存在する設定項目です

名称説明
入力必須これがONの場合、レートが0だと日報・チェックシートの提出ができません(レートは2回同じレートをクリックすると0にできます)
集計するデータ推移日報集計でこの項目を表示させる場合はONにします。初期値はONです
最大値レートの最大数を設定します。推奨は5〜10です。(大きすぎる値は操作性、処理速度の観点から推奨されません)
アイコンの種類星・ハート・いいね・ペット・ペンの5種類から選択できます。初期値は「星」です。見た目が変わりますが機能としては一緒です
アイコンの大きさ小さめ・大きめ・最大の3種類から選択できます。初期値は「小さめ」です。

レート入力のテンプレートを作成

レート入力だけで構成されたチェックシートテンプレートを作成しました。アイコンの種類やアイコンの数もそれぞれ変更しています。 レート入力パーツは全部で4つ使用しています。アンチパターンとして極端に星が多いものも1つ用意してみました。実際にどのように見えるのか?確認してみましょう

レート入力だけで構成されたチェックシートテンプレートを作成しました。このテンプレートをもとに入力時、出力時の画面イメージについて解説します
レート入力だけで構成されたチェックシートテンプレートを作成しました。このテンプレートをもとに入力時、出力時の画面イメージについて解説します

レートのチェックシートを入力する

先程のテンプレートを使って実際にチェックシート作成画面を開いてみました。

レートのチェックシートを実際にスマートフォン・タブレットから入力する画面のイメージです。見え方は異なりますが項目等は一緒です
レートのチェックシートを実際にスマートフォン・タブレットから入力する画面のイメージです。見え方は異なりますが項目等は一緒です

アイコンの大きさがそれぞれ違うのは設定でそのようにしたためです。アイコンの種類もそれぞれ異なるものがセットされていることがわかりますね。 下段の極端に多い値は星が100個あります。これはアンチパターンとしてあえて例示しましたが実際に入力する際は使い勝手が悪いため、実運用上は多くても10個程度に抑えてください。 上記画面では少し見にくいですが、各フォームの左上には選択されたレートの値が表示されます。

キャラクター

例えば下段の値は59であることが読み取れますね

レートの日報を受け取ったときにどのように見えるのか?

レートの含まれる日報やチェックシートは作成時とほぼ同じ見た目のまま表示されます。 アイコンの他、左上には実際の値も併記されます。数値がずらずらと並ぶより、視覚的に見えるほうが読み手の精神的負担も軽減されます。

レート入力フォームを含んだチェックシートの受信画面
レート入力フォームを含んだチェックシートの受信画面

一見入力できそうな見た目をしていますが、提出されたデータは読み取り専用のためクリックしても星の数は変わりません。

データ活用編

レート入力フォームのデータは数値であるため、集計やCSV出力など多くの機能に対応しています。

集計可否CSV出力PDF出力文字検索

集計方式は星の合計ではなく、星の選ばれた回数を集計する形式です。 アプリストアのレート集計と同じと考えてください。 星5の人はxx人・星4の人はyy人・・・というように集計されていますよね?NipoPlusでもあれとおなじスタイルで集計が行われます。

キャラクター

星5が10回で50・・・とはならないのです。集計を合計するスライド入力フォームとはこの点が大きく異なります

レートの含まれたチェックシートを集計

レート入力の含まれたチェックシートは集計できます。先述の通り、各レートごとに選択された回数を集計する方式で集計が行われます。 この集計を更にスタッフごとに分けておこない、一覧表として出力します。詳しくはデータ集計を御覧ください。 純粋に合計として集計したい場合は、レート入力の代わりにスライド入力フォームを使用してください。

レート入力フォームを含んだチェックシートの集計結果画面
レート入力フォームを含んだチェックシートの集計結果画面

またこの集計結果はそのままの形式でダウンロードすることもできます。

キャラクター

細かい点ですが選択したアイコンが一覧表に使用されているのもポイントです。視認性を高めるためにもアイコンの種類を分けると良いですね

レートの含まれたチェックシートをCSVに出力する

レートのデータをCSVに出力できますが、レートにおいては出力前にオプションの設定が可能です。CSV出力ボタンの右側にある下向きの三角ボタンをクリックすることで設定を表示できます。

CSV出力前の設定画面(レート)は列展開のON/OFFが選べます。
CSV出力前の設定画面(レート)は列展開のON/OFFが選べます。

レートに関する設定は「レートの展開」という項目です。

名称説明
列の展開をON1つのレートに対して複数の列(例えば最大値が5であれば5列)が生成されます
列の展開をOFF1つのレートに対して1列(1セルに数値が直接記載)のみ出力されます

列展開がONだと列の数がどうしても多くなることに注意してください。列展開がONの場合は集計などに適しており、OFFの場合は保管用や視認用に適しています。 文章では伝わりにくいと思いますので、実際にONの場合とOFFの場合で同じチェックシートをCSVに出力したデータを比較してみます。

列展開がON・OFFの場合でそれぞれ比較しています。列数が双方で全く変わることがわかりますね。でもデータの指す意味としてはどちらも同じです。
列展開がON・OFFの場合でそれぞれ比較しています。列数が双方で全く変わることがわかりますね。でもデータの指す意味としてはどちらも同じです。
キャラクター

アンチパターンとして例示した項目は100列も出力されるため結構大変なことになります。

CSV出力は複数の日報やチェックシートをまとめてCSV出力する方法と、1つの日報・チェックシートだけをCSV出力する方法があります。詳細な手順は各ページを参照してください。

データの検索

レート入力でセットされた値は数値ですが、検索用データベース上は(数値ではなく)数字として記録されるため文字として検索できます。例えば59のように直接文字で検索することで、該当する日報やチェックシートが検索できます。 ただ、数字に関する検索精度は比較的低いため、オマケ程度に捉えてください。

レートのデータをPDFに出力する

最後にレートのデータをPDFに変換してみましょう。レートのアイコンはPDFによって使用できないものが含まれているため、PDF出力時はすべて●と○に置き換えられます。

なお、PDFに出力したときはこのように表現されます

レート入力フォームを含んだ日報をPDFに出力したときの画面
レート入力フォームを含んだ日報をPDFに出力したときの画面

集計した結果はCSVにエクスポートすることができます。実際のデータを確認したい方は本ページ末尾のサンプルデータからダウンロードできます。

キャラクター

設定したアイコンは無視されていることがわかりますね

サンプルデータ

nipoplusアプリ起動ボタン

一切の企業情報を入力せずに手軽に体験できます

  • メール・パスワードの設定なしで体験可能(匿名機能
  • クレジットカードの登録も不要
  • Webアプリだからインストール不要
nipoplusアプリ起動ボタン
ios App Store
Android Google Play Store
最終更新日: 2022/12/03