【注意】ご覧のページは旧Nipoです

住所-日報構成部品

この機能はNipoPlusでは廃止されました

住所の入力画面

7桁の郵便番号を入力するだけで、市や町まで入力を補完します。例えば 郵便番号「3291105」と入力すると、「栃木県宇都宮市中岡本町」まで取得できます。入力は全角でも半角でもOKです。ハイフンは不要です。住所入力の手間を減らすのに便利なパーツですね。 郵便番号がわからない場合は諦めて手動で住所を入力してください。 無料プランは郵便番号入力出来ません

住所を日報に添付した様子
住所を日報に添付した様子

住所を含んだ日報の各種出力画面

PDFに出力すると次のように表示されます。

住所を含む日報をPDFに変換した出力結果
住所を含む日報をPDFに変換した出力結果

CSVに出力すると次のように表示されます。

住所を含む日報をCSVに出力し、Excelで開いた画面
住所を含む日報をCSVに出力し、Excelで開いた画面

Nipoの受信・送信BOXからは次のように表示されます

クラウド日報Nipoのアプリ上から住所を含む日報を表示した画面
クラウド日報Nipoのアプリ上から住所を含む日報を表示した画面

設定画面

日報テンプレートの編集画面では次のような設定画面となっております。

住所の初期設定画面
住所の初期設定画面
名称説明
タイトルタイトルを編集できます。改行も扱えます
入力必須ONにすると住所の値が0文字だった場合に日報の提出ボタンが押せなくなります。(郵便番号自体は空欄でも可能です)この機能は無料プランでは無視されます
説明文日報作成者が何を書くべきか迷わないようにするために説明を付すことができます。
nipoplusアプリ起動ボタン

旧バージョンのNipoを起動します

  • こちらは旧バージョンのアプリになります
ios App Store
Android Google Play Store
本記事の更新日: 2022/11/19