tag データ削除

テンプレートの削除

テンプレートは無効化・削除の2段構えによる削除となります。 無効化することでレポート作成時のテンプレート一覧から表示されなくなりますが、過去にそのテンプレートで作成されたレポートには影響は有りません。

よって通常は「無効化」で十分ですが、完全に削除することもできます。削除すると過去にそのテンプレートを使用して作成されたレポートのレイアウトが維持できなくなる点に注意してください

キャラクター

集計も効かなくなります。集計項目のデータ構成を判断するためのテンプレートが無くなるためです

テンプレートを無効化して削除する

以下の手順でテンプレートを削除します

  1. 削除したいテンプレートを無効化する
  2. 無効化されたテンプレート一覧から削除をクリックする
  3. 確認メッセージを確認の上「OK」ボタンをクリック
テンプレートを削除するにはテンプレートを無効化後に削除という2段階の処理を行います
テンプレートを削除するにはテンプレートを無効化後に削除という2段階の処理を行います
テンプレートを削除するにはテンプレートを無効化後に削除という2段階の処理を行います テンプレートを削除するにはテンプレートを無効化後に削除という2段階の処理を行います

「無効化されたテンプレート」一覧に移動します。ここから完全に削除したいテンプレートを選び「完全に削除」ボタンをクリックします。

テンプレートを削除することによる影響

前述の通り、削除したテンプレートを使用して作成された過去のレポートはそのレイアウト情報が消失してしまうため、体裁を保つことができなくなります。 レイアウト情報がなくなることでレポートは次のような表示に切り替わります。

テンプレートが無いため見出しや項目名がロストしています。しかしレポート自体は残るため再現可能な範囲で表示されます
テンプレートが無いため見出しや項目名がロストしています。しかしレポート自体は残るため再現可能な範囲で表示されます
テンプレートが無いため見出しや項目名がロストしています。しかしレポート自体は残るため再現可能な範囲で表示されます テンプレートが無いため見出しや項目名がロストしています。しかしレポート自体は残るため再現可能な範囲で表示されます

提出日やタグといった情報が確認できます。レポート本文のデータは生データの形で出力されますが、非常に読みにくくなることがわかります。

キャラクター

本当に不要なテンプレート以外は消さないほうが吉です。無効化にとどめておきましょう

tag データ削除