tag 有料プラン限定
最終更新日: 2024年02月07日

📉レポートデータの変化を見る【推移表】

今回の報告と比較して前回、前々回はどのような値だったのかを一覧表にして確認できます。 これをデータ推移表と言います。

データ推移表はレポートを表示すると自動で画面下部に作成されます。

横軸に日付、縦軸に各種項目(売上や仕入高などのレポート内容)をもつ推移表です。前回、前々回との比較が可能です。
横軸に日付、縦軸に各種項目(売上や仕入高などのレポート内容)をもつ推移表です。前回、前々回との比較が可能です。
横軸に日付、縦軸に各種項目(売上や仕入高などのレポート内容)をもつ推移表です。前回、前々回との比較が可能です。 横軸に日付、縦軸に各種項目(売上や仕入高などのレポート内容)をもつ推移表です。前回、前々回との比較が可能です。

レポート表示時のデータ推移表は最大で直近30件まで生成します。いちいち集計機能を開かなくてもその場で確認できるため手軽な表です。 主な特徴は以下のとおりです。

  • 1列に1件のレポートを表示しています。
  • 日付ボタンをクリックするとそのレポートをポップアップで表示します
  • 全スタッフのレポートが一緒くたに表になります(閲覧権限がないレポートは除外されます)
  • 集計可能なデータのみが推移表に表示されます

集計ができない本文や写真データはデータ推移表から除外されます。集計が可能なフォームは以下のリンクからご確認ください。

期間指定してデータ推移表を生成

レポートの閲覧時に自動で生成される推移表は「表示しているレポートの前回〜最大30回前」を作成します。 そうではなく先月や先々月など期間を指定して推移表を作成するには集計機能を使います。

  1. メニューから「集計・CSV出力」をクリック
  2. 集計期間を選択
  3. 「推移・累積・グラフ」を選択
  4. 集計対象のテンプレートを選択
  5. 推移表が表示される
推移表を期間指定して表示します。「先月」のように月単位の他、週単位や15日単位など細かく範囲を変更できます
推移表を期間指定して表示します。「先月」のように月単位の他、週単位や15日単位など細かく範囲を変更できます
推移表を期間指定して表示します。「先月」のように月単位の他、週単位や15日単位など細かく範囲を変更できます 推移表を期間指定して表示します。「先月」のように月単位の他、週単位や15日単位など細かく範囲を変更できます

推移表をCSV形式でダウンロードする

必要に応じて推移表をCSV出力できます。推移表内の「保存」ボタンをクリックしてダウンロードできます。 ダウンロードしたファイルはエクセルなどで開くことができます。

-ABCDEFG
1国語(点12323233178
2算数(点0523245434
3理科(点0332225032
4社会(点507088705079
5英語(点9182650507

同じ日のレポートを合算する(グループ化)

グループ化を使うことで同じ日のレポートを合算できます。同日の他、AM・PM単位、1時間単位でのグループ化も可能です。 グループ化されたときはその列に何件のレポートが合算されたかをオレンジのボタンで表示します。

推移表のX軸(日付)をグループ化します。同日やAM/PM、1時間単位などでグループ化できます
推移表のX軸(日付)をグループ化します。同日やAM/PM、1時間単位などでグループ化できます
推移表のX軸(日付)をグループ化します。同日やAM/PM、1時間単位などでグループ化できます

グループ化の詳細

グループ化しない
1件1件のレポートが過去データ推移に表示されます
同日でグループ化
同じ日付のレポートを1つのグループとして集計します
午前・午後でグループ化
同日の0:00〜11:59までと、12:00〜23:59までのグループでグループ化します
1時間単位でグループ化
同日の同じ時間(例えば13:00〜13:59までが1つのグループ)を基準としてグループ化します
キャラクター

グラフを作っているとグループ化によってグラフの表示も変化します。詳しくはグラフ化を御覧ください

推移表をグラフ化する

推移表のデータをもとにしてを折れ線や棒グラフ、円グラフを作成できます。

データ推移表をもとに積み上げ縦棒&折れ線の複合フラフを作成した
データ推移表をもとに積み上げ縦棒&折れ線の複合フラフを作成した
データ推移表をもとに積み上げ縦棒&折れ線の複合フラフを作成した データ推移表をもとに積み上げ縦棒&折れ線の複合フラフを作成した

詳しい手順については「グラフの作成」を御覧ください。

tag 有料プラン限定