日報アプリで受領印として顧客の直筆サインを書いてもらう(タブレット推奨)

現場で報告書を書き、顧客から確認の署名(サイン)をもらう必要がある場合は決して少なくありません。 紙の報告書であれば署名欄にボールペンでササッとサインを貰うことができますが、報告書をアプリ化していると署名の記入をどうすべきかお困りではありませんか? NipoPlusでは署名入力フォームを報告書のテンプレートに追加することで、簡単に手書きの署名を報告書内に埋め込むことが可能です。

作業報告書のテンプレートに署名入力フォームを1つ追加します

作業報告書のテンプレートを作成して、その中のどこかに署名入力フォームを追加しておきましょう。例えば次のような作業報告書を即席で作ってみました。

署名欄が含まれた作業報告書をタブレットとスマートフォンで開いた例。スマートフォンは画面が小さいため署名にはどちらかといえば不向きです。
署名欄が含まれた作業報告書をタブレットとスマートフォンで開いた例。スマートフォンは画面が小さいため署名にはどちらかといえば不向きです。

作業区分や作業時間などはタップやクリック操作で入力していくことができます。 署名については署名入力フォームの中にあるボタンをタップすると、署名記入欄がポップアップで表示され、その中に署名を書くことができます。 例えばiPadであればアップルペンシルが使えるので、普通の紙に署名するような感覚でサインを書けるのがポイントです。

iPadにアップルペンシルで手書きの署名をするシーン
iPadにアップルペンシルで手書きの署名をするシーン

この画像に使用されているのはiPad Miniですが、iPad Mini程度のサイズであれば署名は問題なく書けるスペースが取れます。

キャラクター

アップルペンシルが無くても何かしらのスタイラスペンや、いざとなれば指で書くことも可能です。

画面右上の保存ボタンを押すと、署名は画像データとして保存され、作業報告書の署名入力フォームに埋め込まれます。

署名が終わり報告書画面に戻ると署名が埋め込まれています
署名が終わり報告書画面に戻ると署名が埋め込まれています

無事に報告書の受領者にお客様のサインを頂くことができました。 最後に忘れずに報告書を保存してください。保存の完了をもって、署名データは正しくサーバに格納されます。

iPhoneでも署名は書けるけど画面が小さいのでおすすめはできません。

署名入力フォームはどの端末でも利用することが可能ですが、署名という性質上、ある程度画面幅が大きいほうが使いやすいです。 また、タッチパネルに対応していないとマウスなどで署名を書くことになるため、タッチパネル対応のデバイスは必須と言えます。 以下の画像はiPhone SE3で署名欄を開いた画面です。iPhone SEは特に画面が小さいため、署名を書くのには不向きですが、一応書きあげることができました。

iPhoneSEの小さな画面上でも、画面を横に向けることでギリギリ署名をすることができました。しかし操作性はよく有りません。
iPhoneSEの小さな画面上でも、画面を横に向けることでギリギリ署名をすることができました。しかし操作性はよく有りません。

スマートフォンは画面が小さく、またアップルペンシルなどが使えないため指で書きましたが、手元が自分の指で隠れてしまい、署名はしにくいです。 iPhone 13 Proのように一回り画面が大きい端末であれば多少は使いやすくなると思いますが、それでもタブレットには遠く及びません。

キャラクター

Surfaceはタッチパネルに対応しているPCなので署名も書けます

署名の入った作業報告書を画面に表示する

さて、顧客の署名をもらったこの報告書を上司に提出すると、上司の画面からは先程の署名が埋め込まれた報告書として表示されます。

先程の署名入り報告書を受信BOXから開いた例
先程の署名入り報告書を受信BOXから開いた例

もし署名をもっと大きく(またはもっと小さく)表示したい場合は、作業報告書のテンプレートを修正してください。この例では署名の幅は 6/12ですが、例えば12/12にするとかなり大きく表示されますし、逆に3/12などにすれば署名は小さく表示されます。

署名欄の幅を最大の12にした場合。かなり大きく表示されます
署名欄の幅を最大の12にした場合。かなり大きく表示されます
署名欄の幅を3/12(つまり4分の1)にしたケース。署名欄がかなり小さくなります
署名欄の幅を3/12(つまり4分の1)にしたケース。署名欄がかなり小さくなります

用途や、報告書のバランスを見て署名欄の幅を調整してください。なお、幅の変更をしてもスマートフォンの場合は幅が無視されて全て最大幅で縦1列に表示されるため、変化はありません。

キャラクター

推奨幅は4〜6になります。

署名データの中身はPngという画像フォーマットです。このpngという署名の画像をどの程度の幅で表示するかを指定することで、署名の見た目の大きさが変わりますが、元の署名データの大きさが変わるわけでは有りません。

署名の入った作業報告書をPDFに出力する

署名データはPDFエクスポート時に適切に埋め込んで表示されます。

署名の含まれた報告書をPDFにエクスポートしたときの画面例。署名はそのまま画像データとして埋め込まれます。
署名の含まれた報告書をPDFにエクスポートしたときの画面例。署名はそのまま画像データとして埋め込まれます。

署名のサイズは前述したように設定の幅によって大きさが変化します。上のPDF画像は6/12の幅で出力されたものになります。目的に応じて好みの幅を設定してください。 PDFに変換すればこのあと印刷したり、サーバにバックアップとして保管するなど自由にご利用ください。

署名はCSV出力できないことに注意

NipoPlusでは報告書のデータをCSVに出力する機能がありますが、残念ながら署名入力フォームはCSVに出力できません。

署名データはCSVに出力できません。
署名データはCSVに出力できません。

CSVはシンプルな文字とテキストでのみ構成されますが、署名は前述したとおりPngという画像ファイルになります。画像ファイルはCSVに埋め込むことができないため、エクスポートができません。 そのためバックアップとしてはPDFを活用してください。

nipoplusアプリ起動ボタン

一切の企業情報を入力せずに手軽に体験できます

  • メール・パスワードの設定なしで体験可能(匿名機能
  • クレジットカードの登録も不要
  • Webアプリだからインストール不要
nipoplusアプリ起動ボタン
ios App Store
Android Google Play Store
最終更新日: 2022/11/13