日報・チェックシートの記入漏れを防ぐ

「記入すべき項目が空欄のまま提出された」と嘆く前に

人間はミスをします。本来記入しなければならない項目を空欄のまま提出してしまうことも、ときには起こるでしょう。 特に入力項目が多かったり、忙しいなど心に余裕が無いときにミスは増えがちです。

空欄の処理について、日報を書いたスタッフに確認をするなど無駄な労力を使うことがないようにNipoPlusでは「入力必須」の設定が各入力フォームに対して設定できるようになっています。 この「入力必須」をうまく使うことで記入漏れを防ぐことで日報作成者、日報を読む側双方にメリットが得られます。

キャラクター

読み手にとっては無駄な確認が減らせるし、書き手もミスに事前に気づけるからWin-Winですね

日報の入力欄に入力必須を指定して記入漏れを防ぐ

例えば次の日報はすべての項目で入力必須を設定した例です。

入力必須の指定がされた日報
入力必須の指定がされた日報

本文〜今日の費用までのすべての項目で、「入力必須」の警告が表示されていますね。この警告が1つでも残っていると日報の提出ボタンが押せない仕組みになっています。 入力必須の警告を消すには、各入力フォームによって方法が異なりますが、基本的には「何かを入力すれば消える」と考えてください。詳しくは本ページ末尾で解説します。
さて、すべての入力必須項目を埋めることで初めて「提出」ボタンが押せるようになります。この動作はスマートフォンでもタブレットでも同様です。

すべての入力必須項目を埋めたことで提出ボタンが押下可能に
すべての入力必須項目を埋めたことで提出ボタンが押下可能に

このように入力必須の指定をうまく使うことで、不備がある日報をそもそも提出できないように事前にブロックすることができます。 なお下書きとして保存する際は入力必須が空欄でも保存が可能です。

キャラクター

補足ですが一度記入した項目を削除して空欄にすると、再び「入力必須」の警告が表示されます。

可変長にも入力必須は適用されます

時間ごとに作業内容を記入するような日報をNipoPlusでは「可変長(反復)」と呼びます。この可変長に対しても入力必須の指定ができます。 可変長の場合、フィールド(縦方向)に対して入力必須の指定が適用され、入力必須が指定されたすべてのフィールド(縦方向)が埋まっていれば入力必須がクリアされます。 例えば次の画像を御覧ください。

すべての入力必須項目を埋めたことで提出ボタンが押下可能に
すべての入力必須項目を埋めたことで提出ボタンが押下可能に

可変長項目のうち「作業場所の列」「作業内容の列」「自己評価の列」に対して入力必須が設定されています。1行目をすべて埋めれば提出ボタンが押せるようになりますが、「1行追加」ボタンをクリックして行を増やした時点で空欄項目が発生するため、提出ボタンが押せなくなります。

キャラクター

行を消すか行を埋めれば提出ボタンが再び押せるようになります

各入力フォーム毎の入力必須について

各入力フォーム毎の入力必須を解除する条件について表にまとめました。

入力フォーム名クリア条件
テキスト入力フォーム1文字以上文字を入力する
選択肢入力フォーム選択肢から1つ選ぶ
選択肢入力フォーム(複数回答)選択肢から少なくとも1つ選ぶ
選択肢入力フォーム(2層式)問2の選択肢から1つ選ぶ
日付・時刻入力フォーム日付または時刻を入力する
期間入力フォーム期間(開始・終了両方とも)を入力する
チェックボックス入力フォームチェックボックスにチェックを入れる(同意や確認として利用を推奨します)
範囲入力フォームこの項目は入力必須の指定ができません
署名・イラスト入力フォームイラスト・署名を書く(空白のイラストでも入力必須は解除されます)
写真入力フォーム少なくとも1枚以上のJpeg・またはPngの画像を添付する
ファイル入力フォーム少なくとも1つ以上のファイルを添付する
スライダ入力フォームこの項目は入力必須の指定ができません
レート入力フォーム星ゼロ(☆☆☆☆☆)以外の状態にする
数値入力フォーム数値を入力する
算術この項目は入力必須の指定ができません
反復入力フォーム反復入力フォーム自体に入力必須の指定はできませんが、反復の中に配置した各種入力フォームに対してそれぞれ入力必須の指定が可能です
nipoplusアプリ起動ボタン

一切の企業情報を入力せずに手軽に体験できます

  • メール・パスワードの設定なしで体験可能(匿名機能
  • クレジットカードの登録も不要
  • Webアプリだからインストール不要
nipoplusアプリ起動ボタン
ios App Store
Android Google Play Store
最終更新日: 2022/11/18