複数のCSVファイルをドラッグ操作で簡単に1つに結合できます

CSVをドラッグ操作で簡単に連結できるWebアプリ[CSVSC]無料です
CSVをドラッグ操作で簡単に連結できるWebアプリ[CSVSC]無料です

CSVSCを起動する

CSVとはカンマ区切りのことです

CSVは日本語で「カンマ区切り」と呼ばれる形式のテキストファイルです。各データ項目(フィールド)を,(カンマ)で区切り、1レコードを改行で区切るシンプルなファイルです。 実際に書くとしたのようになります

名前,性別,年齢
上田,,34
武田,,30
橋本,,23

1行目はフィールド見出しとして使用されるため、実際のデータは2行目以降になります。 このように行と列を改行とカンマで区切ることで、格子状の表計算ソフトなどで簡単に取り扱うことができます。 その他にも、例えばAccessなどのデータベースソフトでも取り扱うことができます。

多くのソフトではCSV形式で取り込みをしたり、逆にデータをCSV形式で出力する機能が備わっています。つまり、CSVは様々なソフトウェアの仲介をこなす役割も担っています。

キャラクター

テキストファイルだから多くのシステムで開けるよ。だから流用性が高くて便利なんだ

CSVSCとは

ざっくりとCSVSCの特徴を箇条で書き出してみました。

  • ドラッグ&ドロップでかんたん操作
  • 2件以上のCSVファイルを1つにまとめます
  • 各CSVファイルのフィールド名は、並び順が異なっていても大丈夫です
  • 一方にしか存在しないフィールドがある場合でも大丈夫です
  • データの通信は行いません。デリケートなデータも安心してご利用ください
  • 基本的にUTF-8の文字コードしか想定していません。Shift-JISとは相性が悪いかも?
  • オープンソースです。Githubに載せています。

複数のCSVファイルを1つにまとめたいときはMacでもWindowsでも使えるCSVSCをどうぞ

何かしらのシステムで、毎月1回データをCSVとして出力することがあると思います。出力したデータは1月.csvや2月.csvといったファイル名を付けて保存していることでしょう。 最初は少なくても、どんどんこれらのCSVファイルが蓄積していくことになります。

複数のCSVファイルを1つにまとめたい
複数のCSVファイルを1つにまとめたい

これらのCSVファイルは独立した別ファイルです。月ごとに保管する分には便利ですが、例えば3ヶ月のデータを集計したい場合は、3つのCSVファイルを1つに連結する必要がでてきます。 CSVファイルはシンプルなテキストファイルだと言いました。つまりテキストエディタを使ってコピー&ペーストを繰り返せば、比較的簡単に1つのファイルにまとめることが可能です。

とはいえ、各CSVファイルの1行目はフィールド見出しが入るため、単純なコピー&ペーストだと余分なデータが入り込んでしまいます。 そのため、CSVファイルを1つにまとめるにはちょっとした注意が必要です。

もっと効率よくCSVファイルを連結したいと思いませんか?当然、このページをご覧になっている方はそれを目的として本ページへアクセスしていることと思います。 実際、開発者である私も調べましたが、CSVの連結はだいたい「コマンドプロンプト」や「ターミナル」と言われる、黒い画面に白い文字だけの画面で操作する記事ばかりHitしました。

例えば「CSV 連結」で検索したときに出てくる上位3位は以下の通り

真っ黒い画面は使いたくないんです。ドラッグだけで簡単に、複数のCSVファイルを1つにまとめてくれるようなシステムがほしいのです。 そんなわけで、作りました。それがCSVSCです。

キャラクター

前から読んでもCSVSC・後ろから読んでもCSVSCなのだ!

各CSVファイルのフィールドの並び順はバラバラでも大丈夫です

複数のCSVファイルについて、各CSVファイルのフィールドの並び順は関係ありません。例えば

A.csvの中身

名前,性別,年齢
上田,,34

B.csvの中身

性別,年齢,名前
,22,れいこさん

のようなデータの場合、

名前,性別,年齢
上田,,34
れいこさん,,22

という結果のCSVファイルが吐き出されます。なお、フィールドの並びは「名前順」です。

一方のCSVファイルにしか存在しないフィールド名の場合はマージされます

例えばA.csvが

名前,性別,年齢,住所
上田,,34,栃木

B.csvが

性別,年齢,名前,電話番号
,22,れいこさん,000-0000-0000

の場合はどうなるでしょう?これは次のようになります

名前,性別,年齢,住所,電話番号
上田,,34,栃木,
れいこさん,,22,,000-0000-0000

なんとなく想像できる挙動だと思います。ようは、あまり細かいことを気にせず、連結してくれるものです。

同じデータであればフィールド名を統一しよう

以上の仕組みから、フィールド名が1文字でも違うと別の列に書き出されてしまいます。「名前」と「なまえ」は別フィールドとして吐き出されるので、 前もってわかっている場合は、フィールド名を手直ししておいた方がきっと幸せになれます。

使い方

非常にシンプルなので、使い方を書くほどのものではありませんが一応操作ガイドを載せておきます。

基本的にはドロップとダウンロードボタンしか使いません。簡単にCSVファイルを結合できます
基本的にはドロップとダウンロードボタンしか使いません。簡単にCSVファイルを結合できます
  1. CSVSCを起動します
  2. CSVファイルを所定のエリアにドラッグ&ドロップします
  3. この作業を連結したいファイルだけ繰り返します
  4. 総レコード数やプレビューを確認してください
  5. 最後にCSVダウンロードボタンをクリックします

操作はこれだけです。ドラッグとボタンクリックだけです。ブラウザが動作すればどの端末でも利用可能ですが、IEは非対応です。 プレビューエリアはファイル単位で色が変わって表示されます。一つの目安としてご活用ください。

nipoplusアプリ起動ボタン

一切の企業情報を入力せずに手軽に体験できます

  • メール・パスワードの設定なしで体験可能(匿名機能
  • クレジットカードの登録も不要
  • Webアプリだからインストール不要
nipoplusアプリ起動ボタン
ios App Store
Android Google Play Store
最終更新日: 2022/10/22