日報アプリ NipoPlus

nipoPLus
nipoPLus

日報アプリとは

日報を管理するために開発されたアプリケーションです。様々なソフトウェア会社から日報アプリが販売されています。 「日報の管理」という目的が同じであるため、どの日報アプリでも基本的な機能や大まかな流れにそこまで大きな差はありません。

「日報の作成」「日報の閲覧」 この2つが基本的な機能で、そこに加えて日報へのコメントや承認・ロック機能・CSV出力PDF出力集計などの機能が備わっているものもあります。

規模が大きなシステムであれば、顧客管理や在庫管理など多様な機能の中の1機能として「日報機能」を内包しているサービスもあります。

クラウドとは

アプリを通じて作成したデータをWebサーバ上に保管することをクラウドといいます。従来のようにデータをPCの中に保存するのではなく、Webサーバ上に保存することで時間や場所に関係なく、インターネット環境さえあればどこからでもアクセスできるという利点があります。 アクセス権限が許可されていれば複数人でデータの共有が可能です。またその性質上、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器とも相性が良いです。

NipoPlusとは

NipoPlusはクラウド型の日報アプリです。Webブラウザ上で動作する、いわゆるWebアプリケーションの一種です。 今見ているこのページはWebブラウザを使って表示されています。つまりこのページをご覧になれる環境であればNipoPlusを利用可能です。 PC・スマートフォン・タブレットそれぞれの端末に最適化されており、様々なデバイスでご利用可能です。

キャラクター

スマートフォン・タブレットは専用アプリも用意しています

導入のメリット

日報アプリを導入することでこれまで手書きやチャットアプリ、Word・エクセルで行ってきた日報のやり取りや日報の管理が大幅に改善できます。

スマートフォンを使って時間や場所に縛られない日報作成

インターネットに接続可能な環境にいればどこからでも日報の作成が可能です。日報を書くためだけに事務所へ戻る必要はありません。 自宅や移動中の電車の中からでも、スマートフォン1つで手軽に日報の作成が可能です。
もちろん読み手にとっても同じ。自宅に居ながらスタッフの作成した日報をPCやタブレットから読み、承認やコメントを行うことが可能です。 スマートフォンは画面が小さいため、操作性を良くするために見た目が変わります。次の画像はタブレットとスマートフォンで同じ日報作成画面を表示した比較です。

スマートフォンとタブレットの画面比較。スマートフォンでも全ての項目を入力できるようにレイアウトが変わります
スマートフォンとタブレットの画面比較。スマートフォンでも全ての項目を入力できるようにレイアウトが変わります

このように、画面サイズが違うと見た目も変わりますが、肝心の内容は同じものなのでご安心ください。

コメントや日報シェアでスタッフ同士の情報共有やコミュニケーションを促進

グループ内で日報を共有することができます。スタッフと上司の直通ラインでは無いため、同僚や部下など、同じグループに所属するスタッフ同士がお互いの日報を読み合うことができます。 グループ内のスタッフの情報共有が自然に行える様になり、ひいてはノウハウの蓄積にも役立ちます。 またコメント機能を使うことでコミュニケーションを図るきっかけにもなります。

「情報が多すぎて追いきれなくなるのでは?」と不安になる方もいるかも知れません。 NipoPlusではグループ内の共有を前提としており、グループはかんたんに作成できます。プロジェクト単位・部署単位・支店単位・極端に言えば「2022年新卒研修」といったスポット単位でもグループを作成できます。 グループの役目を終えたら全データをエクスポートしてグループをクローズすることもかんたんです。

スマートフォンとタブレットの画面比較。スマートフォンでも全ての項目を入力できるようにレイアウトが変わります
スマートフォンとタブレットの画面比較。スマートフォンでも全ての項目を入力できるようにレイアウトが変わります

スタッフの日報を集計や分析の材料にそのまま流用可能です。手動でエクセルに書き写す必要はもうありません

チャットアプリを日報として使うと、それらは全て「文字」の情報であり、その中から「売上高」や「来店数」といった集計したい情報を抜き出すことができません。 エクセルで日報提出を行う場合でも、エクセルファイルがそれぞれ分かれているので1枚のエクセルに統合するのが大変です。

NipoPlusではテンプレートを予め用意しておき、テンプレートに沿って日報を作成します。 テンプレート内のデータは例えば「売上高」や「作業時間」といったそれぞれのフォームごとに分けてデータが格納されるため、集計や加工がしやすい形で手元にダウンロードすることが可能です。

キャラクター

1000件の日報も数秒で1枚のエクセルにまとめられるよ

チェックシートのデータをCSV出力し、spleadsheetで開いた画面
チェックシートのデータをCSV出力し、spleadsheetで開いた画面

ここではGoogleSheetを使いましたが、もちろんMicrosoft Office Excelでも開くことができます。MacであればNumbersでも開けます。 エクセルを使った集計テクニックについてのページも御覧ください。 なお日報テンプレートは1グループに付き最大999種類保存でき、日報作成時に使用するテンプレートを選びます

紙が不要=保管スペースの節約。そして紙より安全に長期保存可能

手書きの日報であれば紙を使用しますが、日報アプリではその紙は不要です。小さな問題に聞こえるかもしれませんがこれは意外に大きなことです。 製造現場において品質管理シートを作成しますが、業種によっては長期の保存が必要な場合があります。膨大な紙のチェックシートはダンボール箱何段にも及び、保管場所を圧迫します。 これが電子データに置き換えたらどうでしょう?物理的な保管場所は不要になります。

もし、一介の日報アプリに長期間データを預けるのが心配であれば、データを定期的にダウンロードしてより安全なストレージに保管することも可能です。例えばGoogle Driveのように世界的な信用のあるオンラインストレージに保管すれば、ダンボール箱よりも高い安全性を保証してくれます。 NipoPlusではユーザのロックインを行いません。すべてのデータは外部へエクスポート可能です。

キャラクター

紙の日報は「火災」「盗難」「紛失」のリスクがあるから大切なデータはGoogle Driveのほうが確実です。ウイルスチェック復元なども備わっています

様式の固定化と事前チェックで日報の品質を高める

チャットアプリによる日報はテンプレートが無いため、スタッフによって書き方が変わります。記入しなければならない項目を書き忘れたりすることもあります。 Wordやエクセルでも記入漏れは同様に発生します。そもそも「提出自体を忘れる」こともありえます。

NipoPlusでは入力必須の設定をすることで、記入しなければならない箇所を埋めるまで日報の提出ができないように制限することができます。 また提出漏れについては提出簿や、カレンダーなどから未提出者をかんたんに発見できます。

入力必須を指定することで記入漏れを事前に防ぎます
入力必須を指定することで記入漏れを事前に防ぎます

業界最安値を目指す180円のリーズナブル価格設定!更に60日間の無料お試し期間付き

1名180円の料金設定
1名180円の料金設定

1ユーザ1ヶ月あたり180円で、10名〜ご利用可能です。つまり1ヶ月あたり1,800円〜でご利用可能です。
無料お試し期間も2ヶ月間と余裕のある期間を設定しました。無料お試し時にクレジットカードの登録は必要ありませんので、 気づいたら勝手に課金されていたという心配も一切有りません。

規模については小規模な事業者さまから、最大で999名までご利用可能です。

nipoplusアプリ起動ボタン

一切の企業情報を入力せずに手軽に体験できます

  • メール・パスワードの設定なしで体験可能(匿名機能
  • クレジットカードの登録も不要
  • Webアプリだからインストール不要
Webではじめる
nipoplusアプリ起動ボタン
ios App Store
Android Google Play Store